コラム

確定申告が必要な人・申告するとお得な人とは?

確定申告の時期ですね。個人事業主やフリーランスと呼ばれる人が対象と思われてる確定申告ですが、それ以外の人も必要な人がいます。

確定申告が必要な人、確定申告をするとお得になる人はどんな人なのでしょうか?

確定申告とは

毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)額を計算して、 申告・納税する手続きです。 申告期限までに税務署に確定申告書や必要書類を提出する必要があります。

確定申告が必要な人

確定申告は1年間の所得に対する税金を計算し、納付することなので、「所得を得ている人」が対象となります。

ただし、会社員や公務員などの給与所得者は、会社の経理が年末調整してくれるので、基本的には確定申告を行う必要はありません。

では、実際にどんな人が確定申告が必要なのでしょう。主な例は以下の通りです。

1)自営業やフリーランスなどの個人事業主
2)不動産収入や株取引などで所得がある人
3)公的年金を受け取っている人


◎自営業やフリーランスで「クラウド会計」の利用を考えている方のサポート

確定申告をするとお得な人

確定申告は納税をするための仕組みですが、確定申告をすることにより、税金の還付・税金が安くなるといった人もいます。確定申告をするとお得になる人はどんな人でしょう。

1)住宅ローンを始めて受ける人
2)医療費が年間10万円を超えた人
3)一年の途中で退職して年末調整を受けていない人
4)複数の勤務先がある人
5)寄付やふるさと納税(※)をした人
6)自然災害、火災、害虫、盗難、横領といった被害で損害を受けた人

※ふるさと納税でワンストップ特例制度を利用された方は、原則、確定申告を不要です。
総務省「ふるさと納税ポータルサイト」
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/procedure.html#block02

会社員(公務員)でも確定申告が必要な人

会社員や公務員など給与所得者は、原則、確定申告は必要ありません。しかし、以下のようなケースでは確定申告が必要な場合があります。

1)年間の給与収入が2,000万円を超える
2)複数の会社から給与をもらっている
3)副収入の所得金額が20万円を超える


確定申告が必要な方は、後回しにせずに早めに手をつけていきましょう!

ワンランク上の家計術★賢く貯める!増やす講座

10日間の無料のメールセミナーです。

ワンランク上の家計術★賢く貯める!増やす講座