マネー&キャリア相談室マネーサロンキャトルの内村しづ子です。

今年もあと僅かです。
冬のボーナスを受け取った方も多いでしょう。

そしてクリスマスの時期に12月の給与がもらえて、年明けは年末調整で税金の還付がある方も多いでしょう。

なんだか現金がたくさん入ってきてハッピー♪な時期ですね。
それはそれでO.Kですが、この時期に家計に関してやっておいてほしいことがあります。

これを実行すると、あらたな気持ちで新年を迎えられますよ^^

1)社内預金や財形貯蓄の残高確認

年に1~2回残高のお知らせが届いていますよね。
これをもとに、いくら貯まっているのか確認してくださいね。

2)通帳の記帳

普段近いの通帳、そして自動積立を利用していれば、その通帳も記帳してくださいね。
一年前と比べて増えてる?減ってる?の現状確認です。

3)住宅ローンの残債確認(住宅資金)

ローン借入時に郵送で送られてくるローン返済一覧や、登録していれば借入金融機関のHPでも確認できます。
返済期間と残債の確認と、自分たちが変動金利なのか固定金利で借りえているのか、あらためて確認してください。

繰り上げ返済や借り替えなど、気になるようなら見直しも。★

4)教育資金の準備状況(教育費資金)

年末調整の書類として、学資保険の内容のお知らせも手元に届いたかたも多いでしょう。

満期金額以外に、どのタイミングで満期金が支払われるのか確認しましょう。大学資金として貯めていたはずが、必要な時期には満期金がうけとれなかったということもあります。

状況により追加で準備していく等、金額や準備方法の検討も。★

5)確定拠出年金の運用状況の確認(老後資金)

企業型確定拠出年金DC)、個人型確定拠出年金(iDeco)で運用している場合、運営管理機関のHPで運用状況や残高の確認ができます。今年一年の状況と残高を把握しましょう。

必要があれば、商品構成なので見直しも。★

★必要があればご相談ください

1.2はご夫婦分を合わせて確認すると、我が家の1年間の貯蓄額がわかりますよ。合わせて家計は黒字なのか、赤字なのかもはっきりと数字に出ます。

3.4.5は「人生の3大支出」と言われている部分であり、ここをどうコントロールしていくかで、将来のライフプランも大きく変わります。

どちらも一年に一度でいいので、チェックしてくださいね!

お隣のご家庭と、ちょっと差がつくポイントになりますよ^^