茨城ファイナンシャルプランナーの内村しづこです。

2017年度予算成立しましたね。主なポイントをまとめておきます。
やっと子供や女性へ軸が移ってきましたよ。確認しておいてくださいね。

【2017年度予算の主なポイント】

子育て中の方に嬉しい!!
<給付型奨学金の創設>
2017年度入学者から募集受付開始し2018年度給付開始!
対象は住民税非課税世帯の学生、私立or国立、下宿or自宅生かなどに応じて格差があり月3万円前後となります。

<待機児童への解消に向けて1000億円計上>
政府が掲げている目標、保育の受け皿を50万人アップ!

パートママに嬉しい!!
<配偶者控除を受けられる年収の引き上げ>
夫の所得税が下がる配偶者控除、現状は妻がパート年収を103万円までに抑えて働く方が多いです。しかし、この年収制限が103万円から150万円に引き上げられ、同時に配偶者特別控除の枠も201万円まで引き上げられます。
ただし配偶者控除には、夫の所得制限が設けられます※
※年収が高い方(年収1120万円超)は103万円を超えなくても増税になるケースも

保育士さん、介護業界で働く方に嬉しい!!
<保育士・介護業界の待遇改善に向けて1000億円計上>
国の施策として、保育士の給与が毎月2%(約6000円)アップするほか、経験年数を重ねていくと更に給与が上乗せされる機会が。東京都では小池知事が保育士1人あたりの給与補助を現行より2.1万円アップし、4.4万円とすると発表されております。

高齢者の負担に変化
・70歳以上の高齢者における「高額療養費」制度の自己負担限度額をアップ
・一定の所得がある高齢者の介護保険での負担が2割から3割にアップします。